トップ > 【ジャンル別】見る(歴史・文化),【地域別】名古屋 > 名古屋ボストン美術館

名古屋ボストン美術館

名古屋ボストン美術館 トイレ出入り口エレベーター駐車場
施設概要

名古屋ボストン美術館は、ボストン美術館所蔵の優れたコレクションを国内で紹介する唯一の姉妹館です。名古屋ボストン美術館が入る金山南ビルには、ホテル、都市センター、駐車場も入っています。

時間

火~金曜日:午前10時~午後7時
土・日・祝日:午前10時~午後5時
最終入館:開館の30分前まで

休館日月曜日(祝日、振替休日の場合は、その翌日)、年末年始、展示替期間
料金

一般1,300円、高大生900円、中学生以下無料。
学生の方は証明書提示。
中学生の方は生徒手帳を提示。
※展覧会により変更する場合があり、詳しくは当館のホームページを参照のこと。

減免

身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳(知的障害者)、被爆者健康手帳、精神障害者保健福祉手帳を提示で、本人は学生料金と同額。介護者1名は無料。

所在地愛知県名古屋市中区金山町1丁目1−1
GoogleMapで詳細を見る→
TEL052-684-0101
FAX052-684-0738
参考サイトhttp://www.nagoya-boston.or.jp/
最終更新日2014年09月24日

このページの先頭へ

バリアフリー情報 基本データ

トイレ

多目的トイレ3か所

施設出入口

自動ドア(金山南ビル、車いす・ベビーカー専用入口)

エレベーター

エレベーター(車いす対応)2基

駐車場

金山駅南駐車場(金山南ビル地下2階~地下4階)、障害者用駐車場7台(地下2階)。割引あり(ただし事前に金山駅南駐車場に連絡が必要052-684-2710)、有料。名古屋ボストン美術館公式ホームページ「利用案内・アクセス」参照のこと。

アクセス

金山総合駅(地下鉄名城線・名港線、JR、名鉄)南口からすぐ

設備など

車いす貸出4台、ベビーカー2台

このページの先頭へ

施設内や経路のバリアフリー情報

トイレ

多目的トイレは3か所あり、3階、4階、5階のエレベーター付近に1か所ずつある。仕様は同じ。
洋式トイレは各階女子、男子トイレ内に設置され片側手すり付き。

多目的トイレ

とびら:引き戸
入口有効幅:84cm
設備:ベビーベッド、子ども用便座

設備などの写真

施設出入口

名古屋ボストン美術館の受付はビル3階にある。
車椅子・ベビーカー専用の出入口は、金山南ビル東口から入って右手にある。この専用入口を入るとエレベーターホールと警備室があり、エレベーターを使って3階に上がる。

金山南ビル東口から入って左手にあるエスカレーターを利用して、3階にある美術館の受付に行くことができる。

自動ドア(金山南ビル東口)

設備などの写真

自動ドア(美術館の車いす・ベビーカー専用入口)

設備などの写真

エレベーター

美術館専用エレベーターで3階へ行き、美術館内エレベーターに乗り替え、4階と5階の展示室へ行くことができる。
3階に受付(券売所)、ミュージアムショップがある。いずれも車いす対応で定員11人乗り。

美術館内エレベーター(車いす対応)

3、4、5階に停止。
定員11人乗り。

設備などの写真

アクセス

電車を利用する場合
金山総合駅(地下鉄名城線・名港線、JR、名鉄)南口からすぐ

関連ホームページ
名古屋市交通局 http://www.kotsu.city.nagoya.jp/
JR東海 http://jr-central.co.jp/
名古屋鉄道 http://www.meitetsu.co.jp/

金山総合駅南口

設備などの写真

このページの先頭へ

経路状況、設備・サービス、その他

経路状況

金山総合駅南口を出て右手に金山南ビル。徒歩1分。雨でも濡れずに行ける。

設備・サービス

車いす貸出4台。
設置場所:1階警備室1台、3階受付3台
授乳室(スタッフに連絡すれば会議室で対応)
視覚障害向け:イヤホンガイド無料(杖の先が赤色の方)
3階:ミュージアムショップ
5階:図書コーナー

その他

館外にレストラン、カフェあり。

金山総合駅の北口にある複合施設「アスナル金山」は、多目的トイレ、車いす対応エレベーターが設置されるなどバリアフリー整備され、飲食店は一部を除き、車いすで利用できる。
関連ホームページ
アスナル金山 http://www.asunal.jp/

車いすユーザー感想

簡易電動車いすユーザー川口いづみさん 介助者同行

展示はどれも見やすかった。床はフローリンクで手動車いすでもスムーズに移動できた。
ミュージアムショップは展示作品から絵画をモチーフにした様々なグッズまで揃っている。
3階エレベーター前の水飲み場は高さもよく、足が入るスペースがあってよい。ボタンが正面と両サイドにあり、ひとりで飲めた。夏でも冷たい水がでてきておいしかった。

このページの先頭へ