トップ>【ジャンル別】体験する(産業観光)

【ジャンル別】体験する(産業観光)

名古屋エリア

アサヒビール名古屋工場

住所:愛知県名古屋市守山区西川原町318

アサヒビール工場では、実際の工場内を回りながらビールができるまでの製造工程を解説付きで見学することができます。“おいしいビール”の知識を楽しく学べます。売店があります。工場見学は予約制です。事前にご予約ください。

トイレ出入り口エレベーター駐車場アサヒビール名古屋工場 詳細ページへ

トヨタ産業技術記念館

住所:愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号

建築史的にも貴重な赤レンガの建物を産業遺産として保存・活用し、近代日本の発展を支えた基幹産業のひとつである繊維機械と、現代を開拓し続ける自動車の技術の変遷を紹介しています。蒸気機関他の実演もあります。
繊維機械館、自動車館、テクノランド他から構成されています。

トイレ出入り口エレベーター駐車場トヨタ産業技術記念館 詳細ページへ

ノリタケの森

住所:愛知県名古屋市西区則武新町3-1-36

2001年(平成13年)10月5日、近代陶業発祥の地であるノリタケ本社敷地内に陶磁器に関する複合施設「ノリタケの森」はオープンしました。名古屋市中心部の約48,000平方メートルという広大な敷地には、陶磁器の製造工程を見学できるクラフトセンターや、オールドノリタケを鑑賞できるノリタケミュージアムの他、ショップやレストランがあります。

トイレ出入り口エレベーター駐車場ノリタケの森 詳細ページへ

リニア・鉄道館

住所:愛知県名古屋市港区金城ふ頭三丁目2-2

東海道新幹線を中心に、在来線から超電導リニアまでの展示を通じて「高速鉄道技術の進歩」が紹介されています。2階建ての施設で、車両展示は在来線、新幹線、収蔵車両のエリアと、世界最速を記録した蒸気機関車、新幹線、リニアのシンボル展示で構成されています。実物車両が展示された吹き抜けの大空間になっており、2階フロアから展示車両を眺めることもできます。他にも各展示室やコーナーがあります。

トイレ出入り口エレベーター駐車場リニア・鉄道館 詳細ページへ

有松・鳴海絞会館

住所:愛知県名古屋市緑区有松3008番地

有松のまちは、慶長13年(1608)に尾張藩の奨励によってつくられました。耕地も少なかったため、副業として絞染を工夫したのが有松絞のはじまりです。ここではその絞りの歴史資料や技術が実物を使って展示され、実演と展示販売も行われています。体験教室は要予約。

出入り口駐車場有松・鳴海絞会館 詳細ページへ

このページの先頭へ

尾張エリア

あま市七宝焼アートヴィレッジ

住所:愛知県あま市七宝町遠島十三割2000

尾張七宝として伝統的工芸品の指定を受け、人々に親しまれてきた七宝焼について、見て・触れて・学んで・体験することができる総合施設です。施設は平屋建て・1階のみです。

トイレ出入り口駐車場あま市七宝焼アートヴィレッジ 詳細ページへ

キリンビアパーク名古屋

住所:愛知県清須市寺野花笠100

「驚きと感動!心が動く、工場見学」をテーマに2011年4月リニューアルした工場見学には4つの最新特殊映像も見られます。所要時間70分。地産地消の食材を使用したレストランも併設されています。

トイレ出入り口駐車場キリンビアパーク名古屋 詳細ページへ

トヨタ博物館

住所:愛知県長久手市横道41-100

トヨタ博物館は、世界レベルの博物館をめざし、自動車文化・技術の変遷を見学できるように世界中から代表的な車を収集、保存、展示しています。本館から新館へ行くには本館の新館連絡用エレベーターに乗って2階に上り、連絡通路を通って新館に行くことができます。

トイレ出入り口エレベーター駐車場トヨタ博物館 詳細ページへ

愛知県陶磁美術館

住所:愛知県瀬戸市南山口町234番地

3点の重要文化財を含むコレクションは6000点を超え、日本屈指の陶磁専門ミュージアムです。やきものを見て、つくって、1日遊べます。本館、南館、西館、陶芸館、茶室「陶翠庵」があります。

トイレ出入り口エレベーター駐車場愛知県陶磁美術館 詳細ページへ

瀬戸蔵ミュージアム

住所:愛知県瀬戸市蔵所町1-1

瀬戸蔵ミュージアムは瀬戸のやきものの歴史や人々の生活などを展示するやきものの博物館です。瀬戸市が力を入れている「せと・まるっとミュージアム」の拠点でもあり、瀬戸蔵の2階と3階が瀬戸蔵ミュージアムです。

トイレ出入り口エレベーター駐車場瀬戸蔵ミュージアム 詳細ページへ

このページの先頭へ

知多エリア

博物館「酢の里」

住所:

平成25年11月11日~平成27年秋までは、リニューアル工事のため休館。
平成27年秋オープン予定。愛称はMIM(ミム)。
日本唯一のお酢の総合博物館として、酢づくりの歴史や製造工程を紹介する施設としてリニューアルされる予定です。

博物館「酢の里」 詳細ページへ

國盛 酒の文化館

住所:愛知県半田市東本町2-24

國盛 酒の文化館は、1985年、中埜(なかの)酒造(株)が新工場を完成、稼働したのを機に創設したお酒の博物館です。築200年の歴史のある建物を活かし、伝統のあるお酒の造り方や道具などを展示しています。

駐車場國盛 酒の文化館 詳細ページへ

INAXライブミュージアム

住所:愛知県常滑市奥栄町1-130

見て、作って、楽しめるミュージアムです。「窯のある広場・資料館」「世界のタイル博物館」「陶楽工房」「土・どろんこ館」「ものづくり工房」「建築陶器のはじまり館」の6施設で構成されています。

トイレ出入り口エレベーター駐車場INAXライブミュージアム 詳細ページへ

このページの先頭へ

西三河エリア

あいや

住所:愛知県西尾市上町横町屋敷15番地

(株)あいやは愛知県西尾市に暖簾を掲げる創業1888年(明治21年)の老舗で屋号が「西条園」、抹茶業界のトップメーカーです。2012年に本店をリニューアルオープンしました。

トイレ出入り口あいや 詳細ページへ

まるや八丁味噌

住所:愛知県岡崎市八帖町往還通52

歳月を重ねた味噌桶の存在感や天に向って積み上げられた重石の力強さなど、江戸時代から続く八丁味噌の味噌蔵ならではの風景を見学できます。

トイレ出入り口駐車場まるや八丁味噌 詳細ページへ

カクキュー八丁味噌の郷

住所:愛知県岡崎市八帖町字往還通69番地

カクキュー八丁味噌は正保2年(1645)に創業した八丁味噌の老舗です。史料館では明治時代半ばの味噌造りの様子を見学できます。本社事務所及び本社・蔵は国の登録文化財に指定されています。

トイレ出入り口駐車場カクキュー八丁味噌の郷 詳細ページへ

三州足助屋敷

住所:愛知県豊田市足助町飯盛36番地

中山間部の農家の暮らし(明治~昭和30年頃までを想定)が再現されています。茅葺き屋根の母屋や蔵など当時のものです。昔ながらの手仕事の実演が見られ、体験ができます。

トイレ出入り口駐車場三州足助屋敷 詳細ページへ

豊田市和紙のふるさと

住所:愛知県豊田市永太郎町洞216-1

豊田市和紙のふるさとは、和紙展示館、和紙工芸館、休憩所などからなる和紙の総合施設です。和紙のふるさとがある小原は、春の新緑、秋の紅葉、春だけではなく秋から冬にかけて花を咲かせる四季桜が楽しめます。

トイレ出入り口駐車場豊田市和紙のふるさと 詳細ページへ

高浜市やきものの里かわら美術館

住所:愛知県高浜市青木町九丁目6番地18

高浜市は、生産量日本一を誇る三州瓦の中心的な産地で、かわら美術館は日本で唯一の「かわら」をテーマにした美術館です。日本や世界の瓦、やきものの展示の他、陶芸や絵本原画、障がい者美術など様々な特別展も開催しています。

トイレ出入り口エレベーター駐車場高浜市やきものの里かわら美術館 詳細ページへ

このページの先頭へ