トップ > 【ジャンル別】楽しむ(景観・行楽),【地域別】尾張 > 日本モンキーセンター

日本モンキーセンター

日本モンキーセンター トイレ出入り口駐車場
施設概要

日本モンキーセンター(動物園)は、サル類の飼育展示種数は60種以上900頭と世界最多です。サル類の特徴を活かした展示、たくさんのガイドやイベント、学芸員や研究員による博物館活動など、一般の動物園とは違った魅力があります。1956年創立。

時間

公式ホームページ参照

休館日公式ホームページ参照
料金

大人(高校生以上)600円、小中学生400円、幼児(3才以上)300円
※日本モンキーパーク(遊園地)とは別料金

減免

下記手帳提示で本人と介助者1名は半額
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保険福祉手帳

所在地愛知県犬山市大字犬山字官林26
GoogleMapで詳細を見る→
TEL0568-61-2327
FAX0568-62-6823
参考サイトhttp://www.j-monkey.jp/
周辺施設
最終更新日2017年04月17日

このページの先頭へ

バリアフリー情報 基本データ

トイレ

広めの洋式トイレ1か所、多目的トイレ2か所

敷地出入口

入園ゲート、連絡ゲート

施設出入口

開き戸(人が入ることのできる動物展示室)

エレベーター

平屋建てのため設置されていない。

駐車場

障害者用駐車場13台(動物園駐車場)、他。普通車500台(動物園・遊園地駐車場)

アクセス

名鉄犬山線犬山駅よりモンキーパーク・リトルワールド行きのバス

設備など

車いす貸出あり、ベビールームあり

このページの先頭へ

施設内や経路のバリアフリー情報

トイレ

入園ゲート脇に広めの洋式トイレ1か所(2016年改修)
ビジターセンター内に多目的トイレ1か所(2015年改修)
アフリカセンター前に多目的トイレ1か所
入園ゲートからアフリカセンターまでは距離があり勾配もある。

入園ゲート脇 広めの洋式トイレ

トイレの改修に合わせてトイレ前の傾斜が改善された

設備などの写真

入園ゲート脇
広めの洋式トイレ内部

とびら:引き戸
手すり:便座に向かって左側L型
洗浄レバー:壁側奥のタンク横

設備などの写真

ビジターセンター内 多目的トイレ
2015年に新たに設置

手すり:便座に向かって左側可動、右側L型
ペーパー:便座右側壁に設置
ベビーチェアー、折り畳み式のベビーベッドあり

設備などの写真

アフリカセンター前 多目的トイレ

とびら:引き戸 入口有効幅:83cm

設備などの写真

アフリカセンター前 多目的トイレ内部

洗浄スイッチ:タンク右側レバー 鍵:レバー式、高さ70cm 手すり:便座に向かって左側可動、右側L型 ペーパー:便座正面壁に設置

設備などの写真

アフリカセンター前 多目的トイレ内部

広さ:車いすで回転しづらい。洗面台に近づきにくい。 設備:据え置き型ベビーベッド

設備などの写真

施設出入口

リスザルの島とWaoランドの出入口は開き戸。中に入り間近に動物を観察できるようになっている。 アフリカセンターの出入口は6cm程度の段差あり、開き戸、入口有効幅100cm以上。経路状況参照のこと。 注意:飲食物の持込厳禁、動物にエサはやらない・触らない・驚かさない、走らない、デッキから出ない、ベビーカーの入場はできない など。

リスザルの島 出入口前 勾配あり とびら:開き戸

設備などの写真

Waoランド 出入口前 勾配あり とびら:開き戸

設備などの写真

Waoランド内 デッキ幅:2mほど

設備などの写真

Waoランド内

設備などの写真

駐車場

障害者用駐車場は通常13台、動物園・遊園地駐車場の入園ゲート側11台、日本モンキーパークの南ゲート側2台。
土日祝に限り遊園地・南駐車場は営業し、障害者用駐車場は3台。入園ゲートまでにかなり距離あり。
料金:乗用車1日1000円(3月~12月上旬)、500円(12月中旬~2月)、障害者手帳による減免なし 係員入口常駐、予約不可
駐車場に車いす対応トイレ、多目的トイレなし。

障害者用駐車場 入園ゲートへは動物園・遊園地駐車場を抜けて車道を横断し坂道を行く。

設備などの写真

アクセス

電車とバスを利用する場合
名鉄犬山線犬山駅東口よりモンキーパーク・リトルワールド行きのバスで5分。
車椅子で乗車が可能なバスの運行など、詳しくはバス会社のホームページを参照。

関連ホームページ
名古屋鉄道 http://www.meitetsu.co.jp/

岐阜乗合自動車(岐阜バス)

http://www.gifubus.co.jp/

犬山駅東西両口 エレベーター(車いす対応)及び多目的トイレあり
駅改札内にも多目的トイレあり

設備などの写真

このページの先頭へ

経路状況、設備・サービス、その他

経路状況

併設の日本モンキーパークへは、連絡ゲートで入園券を購入することで入園できる。
園内にスロープは設置されているが地形に勾配があり坂道もあるので、体力のある車いす移動介助に慣れた人と一緒に行くことをおすすめ。

設備・サービス

車いす貸出あり。予約不可、当日先着順。

マップ
公式ホームページからダウンロードできる他、入園ゲートでも配布している。

ベビールーム:ビジターセンター脇にあり
一般トイレ内洋式トイレには子ども用便座が設置してある。

その他

モンキースクランブルのリスザルの島
水堀で囲われ木々の茂った島に、リスザルが放し飼いにされていて、人も島に入れ、辺りを駆けまわるリスザルたちの姿を間近でみることができる。

Waoランド
人が猿舎の中に入り、檻のないところでワオキツネザルを間近でみることができる。

レストラン、カフェ、ショップ
公式ホームページに場所と概略が紹介されている。

車いすユーザー感想

手動車いすユーザー土本和男さん

予算内で最大の効果が出るようなバリアフリーを良く理解されていると感じました。
外部トイレ周辺などたいしたものです。
ビジターセンターは、大掛かりな改修がされておりフル装備の多目的トイレも設置されました。
欲を言えば休憩所周辺にも多目的トイレが欲しいところです。(2017.4)

このページの先頭へ