トップ > 【ジャンル別】見る(歴史・文化),【地域別】尾張 > 城とまちミュージアム

城とまちミュージアム

城とまちミュージアム トイレ出入り口駐車場
施設概要

犬山市文化史料館は、城とまちミュージアムの愛称で平成24年10月にリニューアルオープンしました。武家文化、町人文化が花ひらいた江戸時代を中心に、犬山の歴史や文化を展示紹介します。また住民の自主的なまちづくり活動の場であるとともに、来館者への情報提供を行っています。

時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日12月29日~31日
料金

一般100円、中学生以下無料。
特別展はその都度定める。

減免

障害者手帳の提示で本人と付き添い1名までは無料。

所在地愛知県犬山市大字犬山字北古券8番地
GoogleMapで詳細を見る→
TEL0568-62-4802
FAX0568-62-4802
参考サイトhttp://www.inuyama.gr.jp/
周辺施設
最終更新日2017年09月19日

このページの先頭へ

バリアフリー情報 基本データ

トイレ

多目的トイレ1か所

施設出入口

自動ドア、スロープ

エレベーター

設置されていない。

駐車場

障害者用駐車場1台(普通車25台)

アクセス

名鉄犬山線犬山駅から徒歩15分

設備など

車いす貸出1台、ベビーカー貸出1台

このページの先頭へ

施設内や経路のバリアフリー情報

トイレ

多目的トイレは1か所ある。一般トイレ内に洋式トイレがある。

多目的トイレ

とびら:引き戸
入口有効幅:84cm
設備:オストメイト設備、ベビーベッド、ベビーチェア、温水洗浄便座

設備などの写真

施設出入口

城とまちミュージアム正面玄関右側にスロープが設置されている。
併設されている階段は4段あり手すりなし。

自動ドア、スロープ

スロープ:長さ5.7m、有効幅1m、勾配5度、両側壁あり、片側手すりあり

設備などの写真

駐車場

障害者用駐車場は1台ある。施設南側にある。
料金無料、係員なし、パイロン(車止め)なし、予約不可。

障害者用駐車場

スペース:長さ3.5m×幅4.9m

設備などの写真

アクセス

電車を利用する場合
名鉄犬山線犬山駅から徒歩15分

関連ホームページ
名古屋鉄道 http://www.meitetsu.co.jp/

犬山駅

エレベーター(車いす対応)あり
多目的トイレあり

設備などの写真

このページの先頭へ

経路状況、設備・サービス、その他

経路状況

犬山駅からの経路
駅前の歩道は整備されている。
片側1車線の国道沿いを西に向かうが、歩道はなく白線のみ。
全体に北側の道路は側溝部分に隙間の小さな蓋がされ、さらに道路とあわせて色調や材質に工夫がされている。
2つめの交差点「本町交差点」を右折(北へ)すると犬山城下町のメイン通り「本町通り」に入る。
一般道路、一方通行である。
城とまちミュージアムは本町通りの北に向かい、犬山城麓の交差点付近の左側にあり、向かいに「からくり展示館」(その他参照)がある。
犬山城が正面に見える。

犬山遊園駅からの経路
木曽川沿いは平坦な歩道に桜並木があり、春は花見が楽しめる。
犬山遊園駅から木曽川沿いを通って犬山城へと向かう経路は、犬山城の手前側と回りこんだ奥側とあるが、いずれも急な上り坂で電動車いすでも厳しい。
力のある介助者同行がよい。特に路面が濡れているときは危険。
できれば車を利用した方がよい。

設備・サービス

車いす貸出1台 ベビーカー貸出1台 
いずれも予約可能、館内のみ利用可能。

ボランティアガイド:一人からでも利用できる。ボランティアの交通費1,000円を負担する。(犬山観光情報ホームページより)

その他

別館「からくり展示館」
門~施設出入口(開き戸)~館内は段差なし、車いすで見学可能。
犬山祭のからくり人形等を展示。
九代玉屋庄兵衛によるからくり人形製作公開。毎週金土、午前10時~午後4時。
からくり人形の操作実演は毎週土日祝、午前10時30分と午後2時からの1日2回。

車いすユーザー感想

電動車いすユーザー橋本知佳さん

城とまちミュージアムについて
展示室は車いすで十分見やすい広さがある。
天井がとても高いのはリニューアル前は高さ8mある車山が展示されていたからだそうである。
犬山城と城下町の模型があり四方から見られる。

からくり展示館について
門のあたりはスロープ状になっている。敷地内、施設内はフラットで車いすで見てまわれる。
からくり人形の実演などは曜日が限られている。ハーモニカを吹く人形とシャボン玉をだす人形を見てみたい。

このページの先頭へ